赤ちゃんのためにも妊婦の無理はダメ!安定期後のダイエットの始め方

苦しい時には薬で対応

女性

自分に合う薬を選ぶ大切さ

便秘は日本人の国民病と言っても過言ではありません。なぜなら、日本人には腸が捻れている人が多くいるという特徴があり、外国人と比べると便秘になり易い体質であるからです。便秘を回避するには、適度な運動と食物繊維をしっかりと摂取する食事の改善が重要になって来ます。しかし、すでに酷い便秘の人が食物繊維をたくさん摂り過ぎてしまうと、逆に便秘が悪化する事があるので注意が必要です。便秘が続くと便から出た毒素が体内を巡り肌荒れを引き起こしたり、最悪の場合、腸が便を留めきれなくなり破裂してしまう事で、お腹の中が汚染されて死に至るケースもあります。このような事態を引き起こす前に、便秘薬を適度に使用する事で便秘を軽減する事が肝心です。便秘薬には主に、腸に刺激を与えて排便を促す刺激性と消化の難しいオイルなどで排便をし易くする非刺激性の2種類があります。刺激性を持つ薬は軽度の便秘には非常に効果的ですが、その性質上、腹痛が発生する事が多いため、たくさん便が詰まっている状態だと痛みの時間が長くなり辛く感じるかも知れません。また、常用すると刺激に対して体が慣れてしまい、徐々に効果が薄れてしまう所が懸念点です。一方、刺激を持たない便秘薬は、便を柔らかくしたりコーティングしたりする特徴を持つので、一時的に軟便の症状が現れてしまいます。しかし、腹痛を伴う事は少ないため、痛みに弱く、一定期間以上の排便が行えていない人におすすめされるタイプです。このように、便秘のタイプや期間によって便秘薬を選ぶと負担が少なくて済みます。ですが、薬を飲んでも解消されないような場合には、便が出にくい病気である可能性もあるので、病院で検査をして貰うと良いでしょう。

Copyright© 2018 赤ちゃんのためにも妊婦の無理はダメ!安定期後のダイエットの始め方 All Rights Reserved.